読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバントリーダーシップ メンバー 信頼

サーバントリーダーシップ》 リーダー自ら支えることで、信頼関係を強固に 組織力の向上や活性化、目標達成を現実にする。 理想的なリーダーのあるべき姿は、「管理命令型」といった上からのベクトルでリーダーシップを発揮するタイプから、リーダーシップを執りつつも仲間として協力するタイプへと変化を遂げてきました。 こうした流れの中、近年では日本でも、「サーバントリーダーシップ」の概念が浸透してきました。これは他者に対するする思いやりの気持ちや奉仕の行動を常に念頭におくことが特徴です。 他者に奉仕することで信頼を得て、目指す方向へ導きやすくするのです。 サーバント リーダーシップは、「リーダーのために部下がある」という発想を逆転させて、「部下を支えるためにリーダーは存在する」といっています。 リーダーは部下の自主性を尊重して、部下の成功や成長に奉仕する行動を実践します。 結果として信頼関係が育成されて、コミュニケーションが円滑になります。 組織全体が同じビジョンや目標を共有化することができると、商社が組織を引き渡すのではなくて、ひとりひとりが能動的に組織を引き渡していく構図になり、目標達成が実現されればと考えられています。 サーバント・リーダーシップの本来の姿勢は、トップダウンの一方通行ではなくて、対話形のリーダーシップだと話す言葉もできる。 「サーバント」という言葉は本来、「種子」あるいは「奉仕者」を意味します。 一見、指導者を意味するリーダーとは互いに容認分できなかったように考えられますが、サーバント・リーダーシップは、サーバントでこそ行ってリーダーの本来の姿勢として似合うとという考え方です。 また信頼関係を構築することもリーダーには求められます。 「私はチームにおいて重要な存在だ」というのを実感することができると、メンバーは力を発揮します。 コーチ型マネジャーは、 部下との関係がうまくいっているリーダーはそのことを理解して、信頼感を示しています。 これを毎日が多忙な職場で実践するとなると、非常に難しいのがあります。 しかし,この厳格な状況の中で引き続き成果を上げて行くためには、意識的に信頼関係を成し遂げる必要があります。 そこで、チームにあってのメンバーとの信頼関係の構築する方法に対して、相手への気を遣って、誠実な態度、公平性これら3個のポイントが重要になります。